大阪神戸ペーパードライバー教習専門校

ペーパードライバーに限らず、運転する方全てが加入するべき!

 

自動車の保険には、「自賠責保険(強制保険)」と「任意保険」にわかれます。
自賠責保険である強制保険は、読んで字の如く、道路を走る以上絶対に加入しなければいけない保険です。クルマに乗せてある車検証が入ったファイルと同じ所に自賠責保険の紙が入っていると思います。今一度御確認を!
(この用紙を任意保険と勘違いされている方が多いです。。。(;´・ω・))

一方【任意保険】は、任意つまり入っていなくても良い保険なのですが、加入していないと事故の際に大変な目にあう可能性があります。
その為、今日ではほとんどの方が加入している保険で自動車保険と呼ばれているのは、この任意保険の事を指しています。

 

では、この【任意保険】と【自賠責保険】の違いは、いったい何なのでしょうか?

 

それはズバリ保障額及び保障範囲の違いです。絶対入らなければいけない【自賠責保険】の保険の支払限度額は、被害者1名につき傷害120万円まで、死亡3,000万円まで、後遺障害4,000万円までとなっています。自賠責保険の目的が、事故被害者の最低限の救済です。

相手方にケガをさせてしまい120万円を超える分が
仮に100万円だとするとそのお金100万円は自腹で支払いをしなければいけないのです。

 

もちろん相手のクルマが修理が必要だとしたらその費用について負担が必要です(自己負担)。そのクルマが仕事に使っているクルマだとしたら修理して直るまでのレンタカー代なども負担しなければいけません。(自己負担)
それだけではありません。

 

もし最悪の事態で相手方がお亡くなりになってしまった場合は、何とか3,000万円までは【自賠責保険】で対応してくれますが、その額を超える場合は自腹(自己負担)となってしまうのです。その賠償額が数千万円から数億円になってしまう判例も出ています。

 

仮に30歳のあなたが1億円の賠償金を払わなくてはいけなくなってしまったら・・・

いったい何年かけて支払っていけばいいのでしょう?
この後の結婚や出産、マイホーム、旅行、趣味、老後の計画などに貯まるべきお金が被害者への支払いとなってしまうのです。

 

その後の人生が大きく変わります。(泣)。

 

それを少ない金額でカバーしてくれるのが【任意保険】なのです。
ねっ!大切でしょ!(^▽^)/

 

お車に乗る時は必ず入りましょう!

 

既にご加入済の方は、
今一度、補償内容や条件などを確認されるといいですよ!

 

 

任意保険に入っていないクルマを運転するほど恐ろしい事はありません。
その後の人生が変わります。

 

自動車保険の【ノンフリート等級】とは何でしょうか

 

自動車保険は、「ノンフリート契約」と「フリート契約」の2つに分けられています。
どちらの契約でも割引率や割増率を決めるための等級制度が設けられています。

 

この「ノンフリート契約」と「フリート契約」の違いは
10台以上まとめての契約した人がフリート契約となり、9台以下の契約についてはノンフリート契約となるのです。

 

なのでフリート契約は
ふつう業務用車両等を多数保有している法人などが結ぶ契約ですね。
一般の人だとなかなか10台以上を保有している人はいないと思うのでノンフリート契約になります。

 

そして
これには、安全な人なのかを見分ける1〜20段階(等級)の格付けがされていて保険料の割引や割増が決まります。
20等級が一番割引率が高く(保険料が安い)、1等級が割増となり保険料が高くなります。

であれば、保険料の安い20等級が良いですよね!

でもいきなり20等級にはならないのです。当たり前ですが・・・(汗)

何でも最初は初めからスタートです。
でも安心してください。1等級じゃありませんよ!
嬉しい事に6等級(条件により7等級の場合あり)からのスタートなのです。

 

 

自動車保険を使っちゃったら、どうなるの?

 

その前に自動車保険を使わなかったらを知りましょう!

 

はい、
1年間無事故(またはノーカウント事故のみ)の場合、保険を使うことがなければ、等級は一つ上がります。

 

6等級だった人は7等級に!
12等級だった人は、13等級に!
19等級だった人は、最高割引率の20等級に格付が上がります。(^▽^)/
割引率が上がれば支払額が減るので嬉しいですよね!

 

逆に、、残念ながら保険を使った事故を起こしてしまった場合は、次年度の契約では等級がダウンしちゃいます。(´;ω;`)ウゥゥ

 

一般的によく言われるのが、「3等級ダウン」と「1等級ダウン」があります。

【3等級ダウン事故】
・人にケガを負わせてしまい、(対人)保険金が支払われた場合。
・車や物を壊してしまい、(対物)保険金が支払われた場合。
・電柱やガードレール・フェンスなどに車をぶつけてしまい、(車両)保険金が支払われた場合。

 

【1等級ダウン事故】
一般的に多いのが
・クルマに落書きされたり傷を付けられたりなどイタズラに遭い、(車両)保険金が支払われた場合。
・クルマ泥棒に合い、(車両)保険金が支払われた場合。←盗難に合いやすいクルマもあるので購入時から注意が必要です。
・その他、台風、竜巻、洪水、高潮またはその他の自然災害による水没・浸水してしまい(車両)保険金が支払われた場合。

 

その他に【ノーカウント事故】というのもあります。
・これは一般的に、自分や搭乗者(一緒に同乗してた方)が事故によりケガを負い、保険金が支払われた場合。
・その他にも、ペットが他人を噛んで相手の人が怪我してしまい個人賠償責任特約の保険金が支払われる場合があります。

 

ちなみに20等級の方が【3等級ダウン事故】になると
翌年度の契約から3等級ダウンにより割引率が下がります。が・・・それだけではありません。
さらに「事故あり係数適用期間」が3年間適用され、保険料が割増となります。

 

つまり3等級ダウンの次年度は、事故あり17等級→(2年後)事故あり18等級→(3年後)事故あり19等級→(4年後)無事故20等級
となるので事故ありというレッテルが3年間続くことになり、無事故の同じ等級の方より、割増となってしまうのです。

 

なので場合によっては、保険を使わず自腹で弁償する方法もありです。
※あくまで場合によってはです。

 

それでは、ご参考までに

<% metaKeywords %>


 
page top