大阪神戸ペーパードライバー教習専門校

煽り運転に関して警察庁が全国の警察に厳罰化を求める指示

 

あおり運転 
と聞いて 運転されている方も
何度か嫌な経験されているのではないでしょうか?
運転免許を取得した時には、みんな素晴らしいドライバーなのですが、
少しでも運転に慣れてくると何故か運転マナーが悪くなる方がいますよね!
一番たちが悪いのが・・・運転のイロハをわかってしまった10年以上のベテランドライバーが、まだ運転に慣れていない幼稚園児(新人ドライバー)、高齢者ドライバー、安全円滑に運転している模範ドライバーに対する煽り運転です。

 

煽り運転
記憶に新しいのが・・・2017年6月
神奈川県の東名高速道路を走行していたワゴン車のご家族が後続車に煽られて
高速道路上に無理やり停止させられた後に、走ってきた大型トラックに追突されて御夫婦が亡くなるという痛ましい事故がありました。

 

その他にも・・・2018年7月2日夜には
大阪府堺市南区竹城台1丁の府道で
大学4年生(22)の方が乗るバイクに対して
乗用車を運転する警備員の男性容疑者(40)があおり運転を行い、バイクに追突して、
バイクの男性は、その後搬送先の病院でお亡くなりになりました。

 

表に出てきているのは、氷山の一角。
毎日のように全国各地で危険な煽り運転をする方がいます。
その実態も段々と明らかになってきました。
今、正にその対策が急務となっています。

 

こうした危険で悪質な煽り運転がペーパードライバーさんだけではなく
きちっと運転されている模範ドライバーさんにも迷惑をかけています。

 

そこで
警察庁が全国の警察に対して
あおり運転の結果重大な事故を起こす可能性があると判断された運転者に対して積極的に取り締まり、最長で180日間(6カ月)の免許の停止処分を通告するようにと通達が行われました。

 

2016年10月に警察庁が公表した「運転免許の取消し、停止等の行政処分に係る処分書の理由欄の記載要領等について」「危険性帯有者」が道交法第103条の記述より

 

 

危険性帯有者(きけんせいたいゆうしゃ)とは
道路交通法に関する用語で車を運転することで道路交通に著しい危険を生じさせるおそれがあると判断される者を指す。

 

煽り運転をしている車両、
著しく、他の交通に対して危険を生じさせる可能性があると判断されたり
煽り運転の結果、重大な事故を引き起こす可能性が認められた場合にその運転者を警察官が現認した場合は、一発免停にする事が出来るというものです。

 

この180日という数字は、免許の停止処分の中で最も長い日数です。

 

ヘリコプターによる取り締まりも各地に広がってきていて、あおり運転を見逃さずに封じる動きが加速しています。
特に、あおり運転に対する免停処分の件数は、2018年1月から3月までですでに13件にのぼっています。2017年1月〜12月までで6件ですから約9倍ものペースで取り締まりが増加しています。

 

それだけ、あおり運転というものが重大な違反行為であるということを社会に認識させるための動きではないでしょうか!
この動きは、大多数を占めるまともなドライバーからすると強力な抑止力となりますよね。

 

そんな中、もし煽ってきたら
そんな時は、ドライブレコーダーで撮影していれば、
その行為をしたナンバープレートが映っている証拠映像を警察に提出することによって
その危険性や悪質性によっては、一発免停を通告することが出来るようになったという事です!

 

これによって意味の無い
煽り運転が無くなっていけばいいですよね!

 

それでも
どうしても煽り運転がしたいなら

このような車輌を選ばれて煽ってみてはいかがでしょうか?

 

 

可愛い
ピンク色のクルマで

市内を制限速度で
普通に走っているだけでも・・・何人ぐらい煽ってくる人、クラクションを鳴らす人がいるでしょう?
0人であってほしいですが・・・恐らく・・・情けない結果になりそうです!
運転免許の練習をしている仮免許練習中の方に対しても煽ってくる人がいるのが現状です。

 

やっている事は、
もう何年も道を歩いている(見た目)大人が

歩く練習をしている赤ちゃんに対して

嫌がらせをしているのと同じ事ですよね。
とても淋しい方が多いのが現実です。

 

一方
ちょっとした高級車(怪しい車)だと


煽ってきません!
一切、煽ってきません!
笑ってしまうくらい、煽ってきません!

 

当スクールで練習されるマイカーの中でも
年間100件近くがメルセデス・ベンツをはじめ、高級外車です。

 

クラスが上がるほど・・・煽ってきません。
黒塗りのSクラスだとクラクションのクの字も鳴らされません。
例え交差点でブレーキペダルとアクセルペダルを間違えて踏んでしまって止まってしまっても
煽るどころか。
驚くほど・・・皆おとなしく後ろで待っています!
入学したての小学校1年生のように大人しく待ってます!
(なので、ペーパードライバーさんで経済的に余裕のある方は怪しく見える高級外車で練習されると驚くほど道が開かれます!)

 

では・・・何故?
煽るの?

 

はい、日本人は特に外見(見た目)で判断してしまう人種です。
そう車で判断しているのです。
なので全国的に煽る人の心理は、
クルマが高級外車=表向き【高い(当ててはいけない=支払えない)】※周りに対する言い訳、自分への慰めなど認めようとしたくはない。
しかし本音は高級外車=【怪しい人だったらどうしよう=絡まれたらどうしよう?=負けるから】が大筋です。
それが現実です!

 

いい加減、車で判断したり
弱者(ペーパードライバーさん等未熟な運転の方)を
虐めるのではなく、恰好をつけたいなら、煽りたいなら、相手を選ばず
信念を曲げず つっぱり通しましょう!

 

軽トラックでも高級外車でも車はクルマです!
本当に煽り運転が好きなら 人を選ばず、車を選ばず 煽りましょう!

 

そんな煽り運転の方に対しての対応も
当スクールのペーパードライバー教習ではお伝えしています!

 


 
page top