大阪神戸ペーパードライバー教習専門校

何歳まで付けるの?どこに付けると安全なんだろう?

 

このチャイルドシートって

 

免許を取った時には、まだ無かった制度の方もいるでしょうから何歳まで付けるか?やっぱり考えますよね!

 

はい、

チャイルドシートの使用の義務けは、6歳未満の幼児です。
【行政処分】違反点数1点 【反則金】罰金はありません

 

なので6歳になると付けなくても違反にはなりません。
なんですが、6歳になったからといっていきなり大人用のシートベルトを着用すると

 

ベルトの部分が首辺りにくることもあってシートベルトで首がーーーって危険!

 

年齢を基準にチャイルドシートを選んでしまうと適切に機能しないこともあるので子供さんの体型などに応じてジュニアシートを選択される事をお薦めします。
また安全基準を満たしていないチャイルドシートもあるので選ぶときには注意が必要です!

 

チャイルドシートを細かく分けると

  1. 乳児用のベビーシート(身長70cm以下、体重10kg以下)
  2. 幼児用のチャイルドシート(身長100cm以下、体重9〜18kg)
  3. 学童用のジュニアシート(身長100cm超、体重15kg以上〜)

大人用のシートベルトは身長約140cm以上の体型に対して有効な働きをします。

お子さんに合ったチャイルドシートを選びましょう!

 

チャイルドシートはどの席に付けるのが一番安全?

 

2列シート車の場合は、リヤシートの中央、
3列シート車の場合はセカンドシートの中央に取り付けるのが最も安全です。
事故の際、前後左右に空間があるので、衝撃により車体が変形してもガラスやドアなどと距離があくので良い。
助手席にチャイルドシートを取り付ける場合は、シートを出来るだけで後ろの位置にした方が距離があくので良い。
装備されているエアバックが作動した時の事も考える必要があります。

 

 

チャイルドシートの義務が免除される場合

 

  • 車の構造上どうしてもチャイルドシートを固定できない座席の時 (例)幼稚園や保育園の送迎バスなど)
  • 可能な限り取り付けようとしても幼児の数と同じ数のチャイルドシートが設置出来ない時(乗車定員を超えないで)
  • 病気やケガ、障害によってチャイルドシートを使うと健康に良くないとされる幼児を乗車させる時
  • 著しい肥満などの身体的な理由で着用することが困難な時。
  • 授乳やおむつ交換を行う時
  • バスやタクシーなどに乗る時
  • 災害などの緊急時に許可を受けた車両が住民を移動させる時
  • 何らかのトラブルで子供を病院や警察などに緊急に搬送の必要がある時

 

それでは、ご参考まで


 
page top